ここから本文です

内田復帰に慎重なシャルケSD 「たとえ12週間かかっても…」

GOAL 9月14日(水)3時31分配信

シャルケはDF内田篤人の完全復帰に期待している。負傷を繰り返さないため、万全の状態でピッチに戻すつもりだ。

内田は昨年6月に右膝蓋(しつがい)腱を手術してリハビリに励んでいたが、今年夏に痛みが再発したとのことで日本に一時帰国していた。その後、再びシャルケに戻って調整を始めている。

アクセル・シュースターSD(スポーツディレクター)は先週、3週間ほどでボールを使った練習に戻れる見込みとしていた。しかし、内田の回復が予定通りに進まなくても、急かすつもりはないと強調した。

シャルケは日本語版の公式ツイッターでシュースターSDのコメントを紹介。同SDが、「3週間や6週間、たとえ12週間かかったとしても、我々はアツトの復帰を急がない」と語ったことを伝えている。

シャルケで最後に公式戦に出場したのは昨年3月という内田。これまでの我慢を無駄にしないために、周囲も忍耐が必要だ。

GOAL

最終更新:9月14日(水)3時32分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]