ここから本文です

「iOS 10」へのOTAアップデートで“文鎮化”報告多数 Appleが修正を発表

ITmedia ニュース 9/14(水) 8:35配信

 米AppleのモバイルOS「iOS 10」のアップデートが日本時間の9月14日午前2時にスタートした。数時間後、OTA(Over The Air、Macなどに接続せずに無線でアップデートすること)でのアップデートに失敗したという報告がTwitter上に多数投稿された。

【画像:こんなエラーメッセージが表示される】

 OTAでのアップデートが始まった後、「iTunesに接続」(リカバリモード)画面になり、いわゆる“文鎮化”(端末を使えなくなること)するという。

 Appleは複数の米メディアに対し、「(iOS 10の)リリース直後、アップデートプロセスで少数のユーザーに影響を与える問題が発生した。この問題はすぐに解決した。影響を被ったユーザーに謝罪する。問題が起きたユーザーは、端末をiTunesに接続してアップデートを完了させるか、AppleCareに連絡してほしい」という声明文を送った。

 Appleが13日に更新したサポートページによると、iTunesをインストールしてあるコンピュータに端末を接続して強制再起動し、「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら「アップデート」を選択すれば、データを消去せずに再インストールが試みられるという。

 なお、筆者の第6世代iPod touchはOTAで問題なくアップデートできた。

 いずれにしても、アップデートの前には端末をバックアップしておくことをお勧めする。

最終更新:9/14(水) 11:53

ITmedia ニュース