ここから本文です

ワーナーミュージック・ジャパンの大型エンタメ作品『SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語』発表、シナリオ・脚本は野島一成氏

ファミ通.com 9/14(水) 15:02配信

●豪華クリエイター、声優陣が参加する“音楽×RPG -音で紡ぐファンタジー作品-”
 ワーナーミュージック・ジャパンは、本日2016年9月14日、新規大型プロジェクト『SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語』を発表。今後1年間、ボイスの入ったストーリーを動画をWeb上で毎週連載していく形式で、公式サイトでは楽曲「約束」のミュージックビデオが公開されている。

 同プロジェクトは、“音楽×RPG -音で紡ぐファンタジー作品-”と題された、音楽とストーリーが融合する新たな形のエンターテインメントファンタジー作品。ストーリー原作および音楽の作詞・作曲は、シンガーソングテラーの矢内景子さん、サウンドプロデュースはCM音楽を多く手掛ける近谷直之氏が担当するほか、シナリオ・脚本に『ファイナルファンタジー』シリーズや『キングダム ハーツ』シリーズなどの野島一成氏、キャストボイスには花江夏樹さん、日岡なつみさん、福島亜美さん、梅原裕一郎さん、浪川大輔さん、鈴木達央さん、本多陽子さんらが参加。また俳優の夏木マリさんも声優として出演する。

 また本日、都内にて同プロジェクトの制作発表会が開催され、プロジェクトメンバーや一部声優陣が登壇。発表会のリポートは追ってお届けする。

最終更新:9/14(水) 15:02

ファミ通.com