ここから本文です

松山のフランス料理店が移転・刷新 「エグゼクティブなサービス」向上目指す /愛媛

みんなの経済新聞ネットワーク 9月14日(水)12時0分配信

 松山のフランス料理店「プチ・スリーズ・エ・ヒメ」が9月8日、「petit cerise executive(プチスリーズ エグゼクティブ)として移転・名称変更し、グランドオープンした。(松山経済新聞)

同店で提供されるヒレ肉

 もともとは三番町に店を構えていた同店。店舗を経営する「福助珍味」(松山市余戸西2)社長の内藤成博さんは「オープンから5年がたち、次のステップに進みたいと思っていたところ、ケータリングをしていた同店ビルのオーナーから誘いを受け、現在の場所でオープンすることになった」と話す。

 店舗面積は約60坪で、席数は20~30席(立食時は80席~100席)。ブライダルや2次会のバンケットルームとしても利用可能。装飾品にもこだわった店内は、美術館をイメージしているという。

 「お薦め」は、「和牛ヒレオイルフォンデュコース」(7,000円~)。脂身のない和牛のヒレ肉を使い、「特別なレシピ」で作ったというオイルの中に漬けて焼いたヒレ肉を4、5種類の薬味につけて食べる。

 内藤さんは「和牛のヒレ肉は良いものしか使えない。美術館のような店内で本格的なフランス料理を味わってもらえれば」とも。

 営業時間は18時~翌2時。日曜定休(団体予約は可)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月14日(水)12時0分

みんなの経済新聞ネットワーク