ここから本文です

バイエルン、若武者キミッヒの2ゴールなどでロストフに快勝…ホーム13連勝で新記録樹立/CLグループD第1節

GOAL 9月14日(水)5時41分配信

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループDの第1節が行われ、バイエルン・ミュンヘンとロストフが対戦。ホームのバイエルンが5-0で快勝した。

バイエルンは、普段は途中出場が多いMFジョシュア・キミッヒがスタメン入りし、ケガで離脱していたMFドグラス・コスタも今シーズン初の先発スタートとなっている。

序盤からバイエルンが圧倒的にボールを支配し、ロストフがチャンスをうかがうという展開が続く。バイエルンの左右の揺さぶりに何とか耐えていたロストフだが、意外な形でスコアが動く。27分、バイエルンのコーナーキックからレヴァンドフスキが倒され、PKを獲得。これを自ら沈め、バイエルンが先制。

さらに前半終了間際、コスタの低いクロスをミュラーが足で合わせ、追加点。ロストフはほとんどチャンスを得られないまま、前半が終了した。

後半に入っても、バイエルンの攻勢は続く。53分、再びコスタのグラウンダーのクロスにキミッヒが飛び込み、3点目を挙げる。キミッヒにとっては嬉しいCL初得点となった。60分にはショートコーナーから176センチのキミッヒがヘディングで再び合わせ、4点目を追加。先日、バイエルンで初ゴールを挙げたばかりのキミッヒにとっては、1試合2得点はもちろん初めて。

その後、セットプレーからロストフが決定的なチャンスを迎えるも、ゴールは生まれず。逆に途中出場のリベリーのクロスからベルナトが左足で叩き込み、5点目を追加。優勝候補バイエルンがロストフを寄せ付けず、5-0で勝利した。これにより、バイエルンはCLでホーム13連勝を達成し、新記録を樹立している。

GOAL

最終更新:9月14日(水)5時41分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]