ここから本文です

ELISA新曲が「Fate」シリーズの新作アクションゲーム「Fate/EXTELLA」の主題歌に決定!歌詞はKOTOKOによる書き下ろし!この新曲を含むアルバムのリリースとワンマンライブの開催も決定!

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/14(水) 14:37配信

数々のヒットアニメのテーマソングなどを担当するアニソンアーティストELISAの新曲が、大人気「Fate」シリーズの新作アクションゲーム「Fate/EXTELLA」(11月10日発売予定)の主題歌に決定した。

この新曲のタイトルはずばり「ex:tella」。歌詞は女性シンガーソングライターのKOTOKOが書き下ろし、妖しげなイントロから始まり、ELISAらしい、ELISAならではありながら、ゲームの美しくもどこか儚く刹那的な世界観と寄り添う、プログレッシブな楽曲に仕上がっている。

「ex:tella」は近日配信リリース予定、この楽曲を含むオリジナルアルバムが11月30日(水)発売となることも決定している。

2017年1月には東京・大阪でのワンマンライブも既に発表されており、ゲーム主題歌の先行配信、アルバム発売からワンマンライブまで、今後のELISAの活動から目が離せなくなりそうだ。

●リリース情報
ELISAニュー シングル
PlayStation(R)4、PlayStation(R)Vita用ソフト「Fate/EXTELLA」主題歌
「ex:tella」
近日配信リリース予定 ※詳細は後日発表

ニューアルバム
『タイトル未定』
11月30日発売

【初回生産限定盤(CD+Blu-ray)】
品番:SECL2103-4
価格:¥3,426+税

【通常盤】
品番:SECL2105
価格:¥2,913+税

●ライブ情報
ELISA LIVE 2017 WINTER(仮)
大阪公演:梅田シャングリラ
2017年1月8日(日) 開場 16:00/開演 16:30
東京公演:代官山UNIT
2017年1月15日(日) 開場 16:00/開演 17:00

●作品情報
PlayStation(R)4・PlayStation(R)Vita用ゲーム
「Fate/EXTELLA」
11月10日発売予定

Fate新作アクションが登場!
誰も見たことのない『新世界(EXTELLA)』を奈須きのこ完全新規書き下ろしで贈る“聖杯戦争後”の物語が今、幕を開ける。
「Fate」シリーズのキャラクターたちが作品の枠を越えた夢の邂逅。サーヴァントたちが縦横無尽にフィールドを駆け巡り、宝具など華麗な技を駆使しバトルを繰り広げる。

【スタッフ】
メインシナリオ:奈須きのこ、シナリオアシスタント:桜井 光
「Fate」シリーズキャラクター原案:武内 崇
キャラクターデザイン:ワダアルコ
音楽制作: TYPE-MOON
開発:マーベラス
プロデューサー:佃 健一郎

<製品スペック>
タイトル:Fate/EXTELLA
ジャンル:ハイスピードサーヴァントアクション
対応ハード:PlayStation(R)4 ・ PlayStation(R)Vita
プレイ人数:1人
発売日:2016年11月10日(木)予定
価格:プレミアム限定版19,990円+税、
 PS4限定版9,980円+税
 PS4通常版・ダウンロード版7,980円+税
 PSVita限定版8,980円+税
 PSVita通常版・ダウンロード版6,980円+税
CERO:C

<ELISA プロフィール>
4月14日生まれ、神奈川県出身。
2007年『ef - a tale of memories.』オープニングテーマ「euphoric field」でデビュー。
オペラや声楽に根差した抜群の歌唱力と、透明感の溢れる歌声を活かし、その後も数々の作品を発表、TVアニメ『ハヤテのごとく!!』『とある科学の超電磁砲<レールガン>』など多くのヒット作品のテーマソングを担当。
国内最大級のアニソンフェス「Animelo Summer Live」には2008年から4年連続で出演、大規模ワンマンライブも成功させるなどライブパフォーマンスでも実績を残している。
2014年6月には、「そばにいるよ」「REALISM」(共にTVアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』エンディングテーマ)、「ミレナリオ」(TVアニメ『魔法科高校の劣等生』エンディングテーマ)などのシングル曲を含むアルバム「AS LIFE」をリリース、7~8月にかけて久々のワンマンライブツアーを行った。
そして11月にはアニメーション映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』主題歌「EONIAN -イオニアン-」をリリース。作品の世界観とコラボレーションした新境地ともいえる楽曲は各方面で話題を呼び、映画と共にスマッシュヒットを記録した。
2015年は海外展開も本格的に始動、マレーシア、アメリカ・ニュージャージー、マカオ、香港、上海と、数多くの海外アニメイベントに積極的に出演。
2016年3月23日には名作アニメソングのカバーミニアルバム「ANICHRO」を発表、8月には久々のシングル「Rain or Shine」(TVアニメ『91Days』エンディングテーマ)をリリースした。

<KOTOKO プロフィール>

1月19日生まれ、北海道出身
2000年に札幌のクリエイター集団「I've」に所属したことをきっかけに多数のゲーム楽曲の歌唱や作詞を担当し、2002年1月にTVアニメ『おねがい☆ティーチャー』主題歌のボーカルに抜擢され、シングル「Shooting Star」をランティスよりリリースする。
2004年ジェネオン・エンタテインメント(現 NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)より1stアルバム「羽-hane-」でメジャーデビュー。このアルバムはタイアップ楽曲未収録にも関わらずオリコン初登場7位を記録。
その後もTVアニメ『神無月の巫女』主題歌「Re-sublimity」(チャート最高位4位)、TVアニメ『灼眼のシャナ』主題歌「being」(チャート最高位4位)、TVアニメ『ハヤテのごとく!』主題歌「ハヤテのごとく!」(チャート最高位7位)、TVアニメ『アクセル・ワールド』「→unfinished→」(チャート最高位14位)など多くのアニメ主題歌を発表し、常にチャートの上位に位置付き、高いアーティスト性と音楽性で多くのファンを魅了している。
2005年より海外のアニメフェスへ出演し、デビュー2年目の2006年12月には単独で横浜アリーナ公演を大成功に収めた。その後も毎年全国ツアーや2014年初の47都道府県ツアーそして、デビュー10周年記念として行った渋谷公会堂公演など卓越したライブ・パフォーマンスで数多くのライブ活動を続けている。国内外問わず<最強の歌姫>と称され、走り続けとどまるところをしらない。
2011年には「I've」という枠から飛び出し、新たなマネージメントの環境で<KOTOKO>の鋭敏な音楽的嗅覚と独創的な表現力を追い求め、有名クリエーターとのコラボで楽曲を発表し話題となる。2016年7月には<KOTOKO×ALTIMA>という最強のユニットで劇場版「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」メインテーマ「PLASMIC FIRE」をリリースし話題となった。

(C)TYPE-MOON (C)2016 Marvelous Inc.
※“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

最終更新:9/14(水) 14:37

M-ON!Press(エムオンプレス)