ここから本文です

ディズニー「ピートと秘密の友達」12月公開、少年と伝説の生物の絆描く予告解禁

映画ナタリー 9月14日(水)12時0分配信

ディズニー実写映画「ピートと秘密の友達」の公開が決定。このたび予告編がYouTubeにて解禁された。

本作は、迷子の少年ピートと深い森に隠れ住む伝説の生物“エリオット”の友情と絆を描いたファンタジーアドベンチャー。人間と関わることなく6年もの間、森で暮らしていたピート。彼とグレースの偶然の出会いを機に、秘密の友達・エリオットの存在が人間の知るところとなる。

主人公ピート役は、制作スタッフが世界中を探し回り見つけ出したという少年オークス・フェグリー。そのほか出演陣には「ジュラシック・ワールド」のブライス・ダラス・ハワードや、ロバート・レッドフォードの名が並ぶ。監督は「セインツ -約束の果て-」のデヴィッド・ロウリー。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでアカデミー賞視覚効果賞を獲得したVFX制作会社WETAデジタルが、視覚効果を担当する。

公開された予告編は、ピートとグレースが森で出会うシーンから始まる。やがて人間に心を開いたピートは、「彼が寂しがっている」と告げると、グレースらを連れ森のほこらへ。そこにはピートが慕うエリオットの姿が。その後の映像から、エリオットが姿を消す能力を持っていることや空を飛べることがわかる。また同じく解禁されたポスタービジュアルには、森に潜むピートとエリオットの姿とともに、彼らが交わした大切な3つの約束ごとが添えられている。

「ピートと秘密の友達」は12月23日より全国ロードショー。



(c)2016 Disney

最終更新:9月14日(水)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。