ここから本文です

さよなら「LTE」、こんにちは「4G」

ITmedia Mobile 9月14日(水)9時43分配信

 9月14日(日本時間)から、iPhone/iPad/iPod touch用の新OS「iOS 10」の配信が始まりました。

【変わったのはココ】

 実は、このOSをバージョンアップ対象のiPhone/iPadに適用すると、NTTドコモや、同社回線を利用するMVNOサービス(格安SIM)において地味ながらも大きな変化があります。

 iOS 9とiOS 10のホーム画面を並べてみました。一見すると変わりありません。アイコンの位置がピクセル(ドット)単位で微妙に変わっているとか、iOS 10で新登場の「ホーム」(Apple HomeKit対応デバイスの管理アプリ)が追加されているとか、そのあたりは他キャリアで使っている場合でも同様で、大した違いとはいえません。

 注目すべきは、画面上部にあるステータスバーです。

 iOSでは、ステータスバー左側にモバイル通信(携帯電話)の電波強度、キャリア(オペレーター)名とデータ通信で利用中の通信規格(無線LAN【Wi-Fi】接続中はその電波強度)が表示されます。通信規格の表示はキャリアごとにカスタマイズされていて、LTE通信中の表示はドコモなら「LTE」、auやソフトバンクなら「4G」となっていました。

 ところが、iOS 10を適用したiPhoneでは、ドコモでも「4G」と表示されるようになりました。

 ドコモは「LTE」という表示にこだわりを持っている印象があります。LTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」が始まってからも、Android端末のアンテナピクトの通信モード表示は「4G」ではなく「LTE」を採用しています。

 それだけに、iOS 10の「docomo 4G」という表示に(読者の皆さん的にはどうでもいいかもしれませんが)筆者はとても驚いてしまったのです。

 iOS 10を機に、ドコモは「LTE」から「4G」に「シフト」するのでしょうか……? 今後新しく出てくるであろうドコモのAndroid端末のアンテナピクトに注目です。

最終更新:9月14日(水)10時23分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]