ここから本文です

フェイスブックとツイッター、虚偽ニュース排除取込みの団体に参加

ロイター 9月14日(水)10時13分配信

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米交流サイト大手フェイスブック<FB.O>と米短文投稿サイトのツイッター<TWTR.N>は、虚偽のニュースを排除しソーシャルメディア上の情報の質改善に取り組む企業が構成する団体「ファースト・ドラフト・コアリション」に参加した。同団体が13日明らかにした。

ファースト・ドラフト・コアリションは2015年6月、米アルファベット<GOOG.O>傘下のグーグルの支援で設立された。30社以上の報道機関やテクノロジー企業から成り、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、バズフィード・ニュース、AFP通信、CNNなどが参加している。

同団体は、行動規範を策定し、ソーシャルメディア利用者のニュースを利用する能力の向上を促進するほか、疑わしい記事の内容を検証するプラットフォームを10月末までに開始するとしている。

最終更新:9月14日(水)10時13分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]