ここから本文です

<イスラエル>ペレス前大統領「容体深刻」 脳卒中緊急入院

毎日新聞 9月14日(水)11時19分配信

 【エルサレム大治朋子】イスラエルのペレス前大統領が13日夜(日本時間14日未明)、脳卒中を起こしてテルアビブ近くの病院に緊急入院した。病院幹部は同日夜、記者団に「脳卒中による大量の出血があり、人工呼吸器をつけている」と語った。ペレス氏の事務所は14日未明、容体について「深刻だが安定している。集中治療室で処置を受けている」と述べた。

 ペレス氏は今年1月、胸の痛みなどを訴えて2回入院。カテーテル手術などを受けたが、短期間で退院した。

 ペレス氏は国防相や外相、首相などを歴任。1993年にパレスチナとの間でその国家樹立を目指す「パレスチナ暫定自治合意(オスロ合意)」に署名した。この功績により94年、ノーベル平和賞を受賞。大統領職は2007~14年に務めた。

最終更新:9月14日(水)11時31分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。