ここから本文です

ミシェル・ゴンドリー新作のメイキング映像到着、“動くログハウス”制作の裏側も

映画ナタリー 9月14日(水)12時36分配信

9月10日に封切られたミシェル・ゴンドリー監督作「グッバイ、サマー」のメイキング映像がYouTubeにて公開中。あわせてゴンドリーから日本のファンへ向けたメッセージが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、女の子のような容姿のダニエルと変わり者の転校生テオを主人公とした青春ロードムービー。クラスになじめない14歳の少年2人が息苦しい毎日から抜け出すため、ガラクタを集めて作った“夢の車”でひと夏の旅に出るさまを描く。

約12分におよぶメイキング映像は、ゴンドリーが「製作のきっかけは親友との思い出だ」と語るインタビューからスタート。そして2人の少年を演じたアンジュ・ダルジャンとテオフィル・バケの撮影中の様子や、「ムード・インディゴ~うたかたの日々~」でセザール賞にノミネートされた衣装スタッフのフロランス・フォンテーヌのインタビュー、ジャン=クロード・ヴァニエが手がけた音楽の話題などが続いていく。また本作の“もう1人の主人公”とも言える“動くログハウス”制作の裏側も垣間見ることができ、ゴンドリーの創造性や遊び心に触れられる内容となった。

ゴンドリーは「親愛なる日本の皆さん、『グッバイ、サマー』は創造力と自由、そして芽生え始めた性についての物語です。けれど、とてもマイルドな描き方なのでお子さんたちを連れて行っても大丈夫ですよ(笑)」とコメントを寄せている。「グッバイ、サマー」は東京・YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国で公開中。

ミシェル・ゴンドリー コメント
親愛なる日本の皆さん
「グッバイ、サマー」は創造力と自由、そして芽生え始めた性についての物語です。
けれど、とてもマイルドな描き方なのでお子さんたちを連れて行っても大丈夫ですよ(笑)。
皆さんがこの映画を観てくれること、願わくば楽しんでもらえることを祈っています。
私の作品をいつもサポートしてくれてありがとうございます!
日本と皆さんのことが大好きです。
ミシェル・ゴンドリーより



(c)Partizan Films- Studiocanal 2015

最終更新:9月14日(水)13時44分

映画ナタリー