ここから本文です

NEXCO中日本、運送会社6社を即時告発…重量超過の大型トレーラーを通行

レスポンス 9/14(水) 16:30配信

日本高速道路保有・債務返済機構(高速道路機構)とNEXCO中日本は、車両重量制限を大きく超過する大型トレーラーを通行させたとして、全国過去最多となる6社を警察機関に即時告発したと発表した。

[関連写真]

告発されたのは、重機運輸機工、田和通商、アスリートトラフィック、長島運輸、横田重機、新東京運輸の運送会社6社。これらの違反は、車両制限令で定められた一般的制限値25トンを大きく超過する車両総重量で大型トレーラーを通行させていたことから、極めて悪質な違反であるとしている。重機運輸機工については、以前高速道路機構とNEXCO東日本が連名で告発しているが、その後再度悪質な違反が確認されたことから再度告発を実施。また、今回告発された6社は、すべてこれまでも道路法違反を繰り返し行っていたという。

国土交通省は昨年1月、車両総重量が基準の2倍以上という重量超過の悪質違反者に対しては、違反の事実をもって即時告発を行う実施方針が打ち出した。これに伴い、高速道路機構および高速道路6社は、この方針に基づき、高速道路における悪質違反者への厳罰化を図っている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/14(水) 16:30

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。