ここから本文です

東京市場、円安に振れる 日銀追加緩和の観測で

朝日新聞デジタル 9月14日(水)10時27分配信

 14日の東京外国為替市場は円安に振れている。円相場は、午後1時時点の対ドルが、前日午後5時より1円09銭円安ドル高の1ドル=102円90~91銭。対ユーロが、同1円19銭円安ユーロ高の1ユーロ=115円50~51銭。

 日本銀行が来週の金融政策決定会合で、追加の金融緩和に動くとの観測から円が売られている。来週は米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)も予定されており、市場では「日米の金融政策を巡って神経質な相場が続く」(大手銀行)との声が出ている。

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)13時12分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]