ここから本文です

【RIZIN】所が戦うフリーターから戦う鬼経営者へ転身

東スポWeb 9月14日(水)16時32分配信

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND―PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦」(25日、さいたまスーパーアリーナ)でクロン・グレイシー(28=ブラジル)と対戦する“戦うフリーター”所英男(39)が“名経営者”への転身に燃えている。

「ジムにRIZIN効果が少し出てきていますけど、本番はこれからだと思うんです。次のクロン戦の結果でどうなるかですね」

 デビュー当時から“戦うフリーター”のニックネームで有名になった所だが、現在は神奈川・川崎市の武蔵小杉駅近くで「所プラス」というフィットネスジムを持つ一国一城のあるじ。フリーターどころか「会員は約200人」という人気を誇るジムの経営者なのだ。それでも所は「会員を倍の400人くらいにしたい。それまでなら質を落とさずに指導ができると思う。あともう1つ、武蔵小杉にジムを作りたいんです。『2号店』にはリングも置きたい」と経営拡大に燃えている。

 RIZINには昨年末の旗揚げ戦から参戦しており、再び知名度も上がった。クロン戦で勝ってさらなる効果を呼び、会員増加を狙うという。その目はまさに鬼経営者そのもの。“戦うジム会長”としてグレイシー撃破を実現させ、夢の「所プラス2号店」に向けてばく進するつもりだ。

最終更新:9月14日(水)18時40分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。