ここから本文です

結晶シリコン太陽電池セル変換効率26.33%達成

EE Times Japan 9月14日(水)10時59分配信

 カネカは2016年9月14日、結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)でセル変換効率26.33%をセル面積180cm2で達成したと発表した。カネカは、セル変換効率26.33%について「非集光型結晶シリコン太陽電池セルでの世界最高記録25.6%を約0.7ポイント更新するもの。世界で初めてセル変換効率26%を突破した」としている。

■高品質アモルファスシリコンなどで実現

 カネカは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」プロジェクトとして、結晶シリコン太陽電池の開発を実施。結晶シリコン太陽電池は最も普及している太陽電池。開発した太陽電池のセルサイズ180cm2は、市場で一般的に使用されている結晶シリコン太陽電池のセル面積で「実用サイズ」(カネカ)とする。

 セル変換効率の向上は、カネカが開発した高品質アモルファスシリコンを用いたヘテロ接合技術や、電極の直列抵抗を低減させる技術、太陽光をより効率的に利用できるバックコンタクト技術を組み合わせることにより実現した。

■実用化へ

 今回の開発成果についてカネカは「発電コストの低減に大きく寄与するとともに、設置面積が制限される住宅における太陽電池のさらなる普及にも大きく貢献するもの」としている。カネカは、今回の成果を活用した高効率太陽電池の製品化を計画し、製品の実用化に向け開発を進める方針。

 NEDOとカネカでは今後、「発電コスト目標2020年14円/kWhと2030年7円/kWhの実現に向け、高効率と高信頼性を兼ね備えた太陽電池の低コスト化技術開発に取り組む」とする。

最終更新:9月14日(水)10時59分

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]