ここから本文です

宇部に欧風料理店「びばカフェ アヤメノ」 店主の経験詰め込み、スイーツにも注力 /山口

みんなの経済新聞ネットワーク 9月14日(水)13時56分配信

 宇部・若松町に8月17日、欧風料理店「びばCaFe Ayameno」(宇部市若松町3、TEL 0836-35-8480)がオープンした。(山口宇部経済新聞)

久行さんこだわりのパスタメニュー

 場所は「ウェスタまるき小松原通り店」程近く。これまで喫茶店やバーなどで利用されていた空き店舗を居抜きで使う同店。店舗面積は約19坪。重厚感あるレンガ調の店内にカウンター8席、テーブル席16席を用意。パーティー利用時には24人まで対応する。

 店主の久行譲さんは、学生時代のアルバイトを経て大手ファミレスチェーンに入社。以来、「自分の店を出したい」という夢を胸に25年間飲食業に携わり、中華料理店、欧風レストラン、洋菓子店などでホール、コック、店長、パティシエを経験。45歳を機に広島からUターンし、念願の出店を果たした。

 コンセプトは「真剣料理のおしゃれなカフェ」。 久行さんの経験を生かした欧風料理を中心に提供する。

 メニューは約40種類。「海老のアヒージョ」(600円)、「海の幸のバジル風味ソース」(1,200円)、ローズマリーやブランデーで風味を付ける「国産牛サーロインステーキ(150グラム)」(1,500円)、小麦粉の配合にこだわって生地から手作りする「四種のチーズのピザ」(900円)のほか、「ガトーショコラ」「ティラミス」(以上390円)などスイーツにも力を入れる。

 ドリンクメニューには、ワイン(500円~)やカクテル、ウイスキー(以上500円)、ソフトドリンク(250円~)をそろえ、生ビールで「アサヒスーパードライ」と久行さんが薦める「ベルビュー・クリーク」(以上540円)を提供する。2時間の飲み放題メニューは2,000円。

 9月3日からはランチ営業をスタート。11時30分から15時30分(ラストオーダー)の間にグランドメニューのほか、毎日メイン料理が変わる「日替わりランチ」「パスタランチ」「ピザランチ」(以上、700円)の3種類を提供。日替わりランチでは和食や中華料理を提供する日もあり、連日来店しても飽きない内容を心掛ける。

 現在はランチタイムの利用が多く、リピーター率は5割。主婦層、ビジネスマン、夫婦連れなどが来店し、和やかに食事を楽しんでいる。客単価は、ランチ=800円、ディナー=2,500~3,000円。

 夢をかなえた久行さんは「忙しい時こそゆったりと食事に向き合う時間が必要。お客さまには元気が出る食事と空間を提供したい。培ってきた技術を出し惜しみせず、日々最高のものを提供できているか自問しながら、次の目標を見据えて努力し続けたい」と話す。

 営業時間は、11時30分~16時、18時~22時30分。月曜・第3日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月14日(水)13時56分

みんなの経済新聞ネットワーク