ここから本文です

小林麻央「自分を責めました」後悔つづる…再検査予約せず発見遅れ

デイリースポーツ 9月14日(水)10時3分配信

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が14日、ブログを更新し、半年後に受ける予定だった検査を先延ばしにしてしまったことで「自分を責めました」という後悔をつづった。

【写真】麻央 勸玄くんと一緒に夫の舞台見守る

 前々回のブログでは、検査を受けた半年後に「もう一度、念のため検査には行こうと思っていました」とつづり、半年後にあたる2014年8月に再検査を受けようと考えていたことを明かしていたが、同時に「忙しい毎日のなか、時間が取れない言い訳を重ね予約をせず、いつのまにか10月になっていました」と記していた。

 その10月に、長男と遊んでいたときに左胸にパチンコ玉大のしこりを発見。この日のブログでは「その場で病院に電話をし、診察の予約を入れました」と、すぐに行動したというが「どうしよう。やってしまった。8月だったのに。8月だったのに。半年後は8月だったのに。やってしまった」と、わずか2カ月の遅れとはいえ、渦巻く後悔の気持ちを率直につづった。

 この告白に、コメント欄には「子育て中はみなそうです。自分を責める必要なんてないよ」「あまり自分を責めないで」「自分を責めないでくださいね。本当に胸が痛みます」といったエールが。2人の子供の育児中は多忙を極めることから、自分の検査を後回しにしてしまうのは仕方がないこととも言えるだけに「自分を責めないで」というコメントが数多く寄せられていた。

最終更新:9月14日(水)13時47分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。