ここから本文です

急性骨髄炎で緊急手術の俳優ジス、事務所が写真公開 「手術は成功」

WoW!Korea 9月14日(水)15時54分配信

急性骨髄炎で緊急手術を受けた韓国俳優ジス(22)側が、近況を公開した。

 所属事務所のヨ・ジュンヨン代表は14日、自身のInstagramを通して「数週間前からジスは、脚が痛いと言って病院に通い、治療と並行して検査を受けた。医師から『もしかしたら、癌(がん)かもしれない』と言われ、信じることができずに他の病院へ移り、再び精密診断を受けた」と文章を掲載。

 続けて「結果は秋夕(チュソク/旧盆)後に確認可能と言われていたが、すでに鎮痛剤を服用しなければ耐えられないほど状態は深刻だった。その後、熱が40度まで上がり、痛みを訴えたため入院することになった」とし、「病院側がMRIを分析した結果、幸いにも癌ではなく、急性骨髄炎であるとわかった」とし、経緯を説明した。

 手術の結果についてヨ代表は「昨日(13日)、緊急手術をおこない、すべて成功した。今後の経過を見守る必要があるが、神様が乗り越えられるだけの試練を与えてくださったことに感謝する。そして、最善を尽くしてくださった医療スタッフにも感謝している」と綴った。

 現況についてヨ代表は「現在、撮影中の作品と確定済みのスケジュールについては、支障を最小に留める方法で対応している。ただ、いまはジスの家族を励まし、ジス本人が回復できるよう看護するのが最優先。ニュースを見て驚いたファンの皆さんには、名節(旧盆)を前に心配をかけてしまい、申し訳なく思っている」と伝えた上で、ジスの後ろ姿を写真で公開した。

 一方、ジスは現在、JTBC金土ドラマ「ファンタスティック」に出演中。今後については協議した後、決定される予定だ。

最終更新:9月14日(水)15時54分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。