ここから本文です

中国全人代の遼寧省代表45人が当選無効、贈賄などで=新華社

ロイター 9月14日(水)11時29分配信

[北京 13日 ロイター] - 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の常務委員会は、北東部の遼寧省の代表のうち約半数に当たる45人について、代表選挙で不正行為があったとして当選を無効にした。新華社が13日報じた。

全人代に出席する遼寧省の代表は100人近くに上り、このうち45人の当選が無効とされた。

新華社は、45人が金銭の授受や賄賂を通じて代表に当選したと報道。詳細や今後の処遇などについては明らかにしなかった。

最終更新:9月19日(月)10時13分

ロイター