ここから本文です

中高生向けIoT授業プログラムを開発 日本IBMなど

ITmedia ビジネスオンライン 9/14(水) 12:57配信

 日本IBMとNPO法人の企業教育研究会は9月14日、IoT(モノのインターネット)を中学・高校生に分かりやすく説明するための授業プログラムを開発し、公立学校向けに提供すると発表した。

 同プログラムは1時間目と2時間目の各50分で構成。中高生の理解を促進するためにPC画面上で動作する仮想キャラクターの利用や、黒板消しを使った加速度センサーのデモなどを行う。IBMのツールを利用したアプリ開発も体験する。

 日本IBMおよび企業教育研究会は2014年にビッグデータを題材にした統計授業プログラムを開発し、15校以上の中学校で授業を実施したほか、小中学生向けのプログラミング教室「ROBOLABプログラミング教室」、環境授業「WindPower環境授業」などを行っている。

 企業教育研究会は、千葉大学教育学部、静岡大学教育学部、兵庫県立大学を基盤に活動するNPO。

最終更新:9/14(水) 12:57

ITmedia ビジネスオンライン