ここから本文です

宮崎あおい『怒り』クランクインが「怖かった」。心を丸裸にした“慟哭シーン”秘話語る

Movie Walker 9月14日(水)11時1分配信

「人生で一番長くて、一番濃厚な2週間でした」。宮崎あおいは、李相日監督のもと新境地に挑んだ映画『怒り』(9月17日公開)の撮影をこう振り返る。「恐怖すら感じた」という現場を乗り越えた今の心境。そして宮崎の女優魂に迫った。

【写真を見る】宮崎あおいと松山ケンイチが恋を紡ぐ!果たして彼らの恋の行方は?

吉田修一の同名小説を、『悪人』に続き李監督が映画化した本作。ある未解決殺人事件をきっかけに、東京・千葉・沖縄に住む人々が、「愛した人は殺人犯なのか?」と揺れていく姿を描くヒューマンミステリーだ。宮崎は千葉編に出演。渡辺謙演じる漁協で働く男の娘で、田代(松山ケンイチ)と名乗る正体不明の男と恋に落ちる愛子役を演じている。

家出をして新宿をさまよったりと、危うさと純粋さをあわせ持った女性・愛子。原作には「ぽっちゃり」していると書かれていることも宮崎のイメージとはかけ離れているが、彼女は体重を7キロ増量して、愛子役に臨んだ。

「本当に今までにいただいことがないような役で。でも私にこの役をいただけたということは、やはり意味があるはずだから挑戦してみたいと思いました」と意思を固めたものの、「正直に言うと、クランクインする1か月くらい前には『やっぱり入りたくないな…』という思いも一瞬ありました(笑)。愛子がどんな女の子なのか、どうやったらいいのかなかなかつかめなくて。クランクインするのが怖かったです」と恐怖を打ち明ける。

李監督は、血肉の通ったキャラクターを求める監督だ。本物で、むき出しの感情が見えるまで決してOKは出さない。「監督とこんなに話したのは初めて」というほど、宮崎もじっくりと李監督と対峙した。宮崎は「頭で考えるよりも心が動くのを待って、自分からポンと役になっていく」という、いわば天性の女優だが、今回は「心だけでなく、頭もフル回転しなければいけなかった」と振り返る。

自らを限界まで追い込んで、身を削るようにして愛子という女性を探し求めた。「簡単なシーンはひとつもないし、簡単にOKも出ない。台本を何回も何回も読んで、どこかに愛子が隠れていないかと探したりしました。それに李監督の現場は、自ら脱いでいかないといけないような現場。アンテナを張りっぱなしにして、心臓を丸裸にして、お父ちゃんや田代くんの言葉を体に入れていく作業をしていたように思います」。そのストイックさは、間近で目にしていた渡辺が「ひとつ違う世界に踏み込もうという思いを感じた」と驚くほどのものだったそうだ。

愛子が身体いっぱいに泣き叫ぶシーンは、むき出しの愛子が最も表出したシーンだろう。「台本に“慟哭”と書いてあったんです。現場では監督が本番中に『もっと!もっと!』と声を出していて。人生で慟哭したこともないですし、これからもそんなにする機会はない種類の感情なので、難しかったですね」。李監督の追い込みと宮崎の女優魂が結実し、心震わす壮絶なシーンが生まれた。

「自分を追い込むのは割と好きなタイプなんです。でも人から追い込まれるのって、ハードなんですよね!」と李監督のスパルタ指導を楽しそうに述懐しつつ、「追い込まれるけれど、そこにはとても愛情があって」とその愛情の深さを告白する。李組で得た経験は、今どんなものとして心に残っているのだろうか?すると宮崎は「インするのは本当に怖かったけれど、参加できて良かったと心から思います」と輝くような笑顔を見せた。

「完成した映画を観終わった後、動悸が止まらなくて。一緒に観た妻夫木(聡)くんたちとも『すごいね』と話していたんです。私は東京編、沖縄編を知らないので、『お宅もすごいね!大変だったでしょう』なんて言い合って(笑)。なので、この李組に参加できたという喜びはものすごく大きいですし、どこか自分の誇りのような気がします。映画っていいなと改めて思いました」。ではまた李組に呼ばれたら?「そんなに幸せなことはないです。でも中途半端な覚悟では李監督とは向き合えないですから、今すぐにはちょっと(笑)」。茶目っ気たっぷりに語る姿も、清々しく頼もしさすら感じる。ぜひ、また新たなステージへと羽ばたいた宮崎あおいを目撃してほしい!【取材・文/成田おり枝】

最終更新:9月14日(水)11時1分

Movie Walker