ここから本文です

娘の部屋から血がついた包丁発見 北海道・旭川3人殺害

朝日新聞デジタル 9月14日(水)11時34分配信

 北海道旭川市のアパートで13日、住人の溝口ゆみ子さん(55)ら家族3人が殺害された事件で、けがを負った娘(32)の部屋から血がついた包丁が発見されたことが捜査関係者への取材でわかった。道警は、娘のけがの回復を待って詳しく事情を聴く方針。

 また道警は14日、アパート2階の部屋で死亡していたのは、溝口さんの父母の八木福七さん(80)、テツ子さん(78)と確認された、と発表した。

 道警によると、娘は事件発覚時、アパート2階の自室で両腕にけがを負った状態で倒れていた。部屋は施錠されていたという。死亡した3人には刃物で切りつけられたような傷があり、道警は14日、司法解剖をして死因を詳しく調べる。

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)11時48分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。