ここから本文です

「日本一終発の早い駅」にかわいいお見送り 路線は危機

朝日新聞デジタル 9月14日(水)11時45分配信

 「日本一終発の早い駅」として知られるJR北海道の札沼(さっしょう)線・新十津川(とつかわ)駅(新十津川町)で14日、沿線自治体の企画で子どもたちが交流した。1日1往復の終着駅で、札幌方面に向かう終列車は午前9時40分。園児による朝の見送りが名物の無人駅は、路線廃止で消える寸前にある。

【写真】地図

 14日午前9時28分、定時に到着した1両のディーゼル列車を出迎えたのは、駅前にある空知(そらち)中央病院の院内保育所の園児8人。途中駅から乗った41人の小学生が降りると、子どもたちは「こっちにも遊びに来てね」「またきてね」などと書かれたはがき大の手作りカードを交換した。

 停車時間は12分。「ありがとー」「べんきょうがんばってねー」。短い交流を終え折り返す列車に乗った小学生に、コスモスが咲き乱れる駅で園児は手を振り続けた。

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)15時56分

朝日新聞デジタル