ここから本文です

クリントン氏、15日に選挙運動再開へ オバマ大統領が応援演説

ロイター 9月14日(水)12時21分配信

[フィラデルフィア 13日 ロイター] - オバマ米大統領は13日、大統領選挙の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の応援演説を行った。肺炎と診断されたクリントン氏はニューヨークの自宅で休養しているが、スポークスマンによると、15日に選挙運動を再開する。

オバマ大統領がクリントン氏の応援演説を単独で行うのは初めて。フィラデルフィアの集会で、共和党候補で不動産王のドナルド・トランプ氏について「労働者階級に目もくれずに70年間過ごしてきた」と批評した。

トランプ氏は現政権下での所得の低迷を強調しているが、オバマ大統領は所得の伸びに関する国勢調査結果を示して自らの経済政策を擁護。「政権発足時よりも米国は強く、繁栄している」と述べた。

クリントン氏の選挙陣営によると、クリントン氏は15日にノースカロライナ州グリーンズボロでスピーチする予定。

最終更新:9月14日(水)12時21分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。