ここから本文です

ドルは103円付近でもみ合い、日銀緩和の思惑で投機筋主導

ロイター 9月14日(水)12時25分配信

[東京 14日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル高/円安の102.99/103.01円だった。日銀緩和への思惑や株価の下げ縮小を背景に、投機筋主導のドル買い/円売りが朝方から優勢となって103円を回復した。ただ、その後はもみ合いとなり、伸び悩んだ。

「日銀緩和への思惑が根強い」(国内金融機関)といい、朝方から買い方が優勢となった。仲値公示にかけては実需筋のドル買いも見られたが、「主導するのは投機筋」(同)との声が出ていた。

ストップを巻き込みながら上げが加速し、103円台を回復。一時103.20円に上昇した。目先の上方向の節目は、年初からレジスタンスになりがちだった75日移動平均線(103.38円)とみられている。

ただ、103円台前半ではやや上値が重く、正午にかけて伸び悩んだ。「目先のポジション巻き戻しは一巡した感がある」(別の国内金融機関)との声もあり、ドル買い/円売りの持続力に関心が寄せられている。

前日海外時間には、日銀がマイナス金利の深掘りを今後の金融緩和の軸にする方針との一部報道を受け、円売りが広がった場面があった。

最終更新:9月14日(水)12時25分

ロイター