ここから本文です

大渕愛子氏 妊娠7カ月のお腹写真を公開…メディア出演は休止中

デイリースポーツ 9月14日(水)14時5分配信

 8月2日に東京弁護士会から受けた業務停止1カ月の懲戒処分期間が明けて以降もメディア出演を控えている大渕愛子弁護士(39)が14日、自身のブログで妊娠7カ月のお腹を公開した。

 今月5日に妊娠7カ月に入ったことを明かしていた大渕氏は、この日のブログで「7ヶ月に入ってからお腹の写真を撮っていなかったので、洗面所で撮ってみました」と大きくなったお腹の写真をアップ。「手足は変わっていないのと、お腹が前に突き出ているので、後ろから見ると、全然妊婦だと分からないと言われますが、横から見れば、妊婦さんらしくなりました」と横から撮影した写真を計2枚公開した。

 お腹の子供はよく動くそうで、「目で見て分かるくらい、お腹の形がよく変形しています」とも伝え、「弟くん、どんなの子なのかな…会える日が楽しみです」とつづった。

 大渕氏は昨年3月26日に第1子長男を出産。その際は直前の3月22日までテレビの収録の仕事をし、その後、産休に入っていた。

最終更新:9月14日(水)14時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。