ここから本文です

強盗団とギャングの攻防戦、フランス発クライムアクション「ザ・クルー」予告公開

映画ナタリー 9/14(水) 16:00配信

武装強盗団とギャングの攻防を追う「ザ・クルー」のチラシビジュアルと場面写真が解禁され、あわせて予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、「フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~」のジュリアン・ルクレールが監督を務めたクライムアクション。主人公のヤニス率いる武装強盗団は、今まで完璧な強奪計画を遂行してきた。だが、ある出来事をきっかけに地元のギャングたちに素性を知られ、危険な計画に巻き込まれていく。

「デイズ・オブ・グローリー」でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞したサミ・ブアジラ、「ぼくを探しに」で失語症のピアニストを演じたギョーム・グイ、「あの夏の子供たち」のアリス・ド・ランクザンなど、フランスの俳優たちがキャストに名を連ねた。

予告編には、ヤニスたちが家族と楽しそうに団らんする様子から一転、覆面を被った男たちが銃を片手に強盗に挑むさまが映し出される。次にギャングたちの元に連れていかれたヤニスが麻薬の強奪を命じられる緊迫したシーンが続く。そのほか、車同士のクラッシュ、炎上する車や銃撃戦など臨場感あふれる映像が収録されている。

「ザ・クルー」は、上映企画「ワールド・エクストリーム・シネマ2016」の1本として、10月22日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開。



(c)2015 LABYRINTHE FILMS ? SND ? MAJE PRODUCTIONS ? EMOTIONS FILMS ? CINEFRANCE MOVIE PICTURES - UMEDIA

最終更新:9/14(水) 16:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]