ここから本文です

運営会社元監査役を逮捕=就学支援金詐取容疑―東京地検

時事通信 9月14日(水)11時15分配信

 三重県伊賀市の「ウィッツ青山学園高校」をめぐる国の就学支援金不正受給事件で、支援金の対象外だった生徒を受給資格があるように装い、支援金240万円余りをだまし取ったとして、東京地検特捜部は14日、詐欺容疑で同校運営会社「ウィッツ」(同市)の元監査役馬場正彦容疑者(56)=埼玉県志木市=を逮捕した。

 
 逮捕容疑は、高校の既卒者や、実際には在学していない計12人について、支援金の受給資格がないのに三重県に交付申請し、計約230万円を詐取した疑い。また、生徒1人に関し、受給額が約13万円に倍増するよう虚偽の申請をした疑いも持たれている。 

最終更新:9月14日(水)12時55分

時事通信