ここから本文です

【ローズS】桜花賞馬ジュエラー パワフルな末脚で1馬身半先着「骨折の影響は全く感じない」

東スポWeb 9/14(水) 20:56配信

【ローズS(日曜=18日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)注目馬14日最終追い切り:栗東】ジュエラーは角馬場で入念に体をほぐしてからクルークハイト(2歳未勝利)を伴ってポリトラックへ。テンからスピードに乗った僚馬に対し、ジュエラーは5馬身ほど後方を悠々と追走する。3コーナーを回ったあたりからじわじわと差を詰め、直線では楽に並びかけてしまう。手応えの違いは歴然。鞍上の仲田助手が仕掛けると、パワフルな末脚で一気に1馬身半先着した。首の使い方は春同様に上手とは言えないが、推進力や馬体は目に見えて“進化”している(5ハロン64・9―37・0―11・0秒)。

 仲田助手「帰厩直後の調教を乗り越えてから落ち着いてくれた。いい時はこういう雰囲気でした。今朝も並んでからは引っ張り切れない手応え。(桜花賞後の)骨折の影響は全く感じないし、本番につながるようないいレースをしてほしい」

最終更新:9/14(水) 20:56

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ