ここから本文です

印鑑不要 口座開設から窓口・ATM取引まで「手のひら認証」で 大垣共立銀行が来春スタート

ITmedia ニュース 9月14日(水)15時29分配信

 大垣共立銀行は9月14日、手のひら静脈認証を用い、印鑑なしで口座開設から窓口、ATM取引までを利用できるサービスを2017年春に始めると発表した。インターネットバンキングと組み合わせれば、通帳やキャッシュカードの発行も不要になるという。

【サービスの概要をみる(大垣共立銀行のリリースより)】

 同行は12年9月に「災害時には身体ひとつで避難してもらいたい」との考えから、手のひら認証だけでATM取引できるサービス「ピピット」をスタート。今回新たに、印鑑なしで口座を開設でき、窓口取引も手のひら認証で行えるサービスを始める。預金取引だけでなく、投資信託など預り資産の取引も印鑑なしで利用できるようにする。

 ネットバンキングサービス「スーパーOKダイレクト」と手のひら認証を組み合わせれば、通帳を発行せずに使える「無通帳型総合口座」(OKBピピット口座)も開設できる。印鑑なしで口座開設や取引ができるほか、キャッシュカードの発行有無を選べるため、印鑑、通帳、キャッシュカードなしの預金口座も作れるという。

 印鑑を使わない口座開設や取引は他行でも広がりつつある。三菱東京UFJ銀行は16年9月、スマートフォンアプリで預金口座を開設できるサービスを開始。りそな銀行は19年3月末までに指静脈認証で口座開設できるサービスを全店舗に拡大するとしている。

最終更新:9月14日(水)15時29分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]