ここから本文です

「ギャラクシーノート7」、韓国で充電量6割に制限 ソフト更新で

ロイター 9月14日(水)15時4分配信

[ソウル 14日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は、バッテリーから出火する恐れがあるとしてリコール(回収・無償修理)を発表した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について、韓国でソフトウエアを自動更新し、充電量を60%に制限すると発表した。

同社は「ノート7」のユーザーに対し、即座に電源を切ってリコールに応じるよう呼び掛けるとともに、リコールを謝罪する広告を出している。

サムスン電子によると、ソフトウエアの更新は自動で行われ、現地時間9月20日の午前2時に始まる。

韓国以外でも同様のソフト更新を行うかは決まっていない。

サムスン電子は韓国や米国など10カ国で「ノート7」を販売。すでに販売された約250万台がすべてリコール対象となっている。

同社は韓国で、安全なバッテリーと交換した製品の提供を9月19日から開始する。

最終更新:9月14日(水)15時4分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]