ここから本文です

【セントライト記念】マウントロブソン 1馬身遅れ「このひと追いでどこまで仕上がるか」

東スポWeb 9月14日(水)21時34分配信

【セントライト記念(日曜=18日、中山芝外2200メートル=3着までに菊花賞優先出走権)注目馬14日最終追い切り:美浦】マウントロブソンは木曜(15日)追いの予定を繰り上げて、南ウッド5ハロンから併せ馬。道中は同厩の5歳準オープン・マローブルーと併走し、直線は一杯に追われた。しかし、反応は物足りず、1ハロン13・3秒で1馬身遅れのフィニッシュ(5ハロン67・8―38・3秒)。いかにも休み明けという追い切り内容だった。陣営は変わり身に期待した。

 渡辺助手「まだ太めも追うごとに調子は上がっている。ゲートは問題ないから、このひと追いでどこまで仕上がるか」

最終更新:9月14日(水)21時34分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]