ここから本文です

ボッチャ日本は銀 エース広瀬「完全燃焼しました」

日刊スポーツ 9月14日(水)10時13分配信

<リオ・パラリンピック:ボッチャ>◇12日◇混合団体(脳性まひなど)

 世界ランク7位のボッチャ日本代表(脳性まひ)が決勝で同1位のタイに4-9で敗れ、日本第1号の金メダルはならなかった。

【写真】日本、ボッチャで金王手 広瀬魔球で決勝進出

 第1エンドこそ1-0と先行したが、第2エンド以降はタイの正確な投球術になすすべがなかった。エース広瀬の転がさずに球に直接当てる魔球「ロビングボール」もミスが続いた。試合終了後、選手に涙はなかった。「完全燃焼しました。こんなに重いメダルは始めて」と広瀬は銀メダルに満足だった。

 攻撃派の広瀬と頭脳派の杉村の“2トップ”がチームを成長させた。ライバルだが、ロンドン大会以降は時間を共有。ボールを投じる左腕の制球力を高めるために体幹やチューブトレーニングに励んだ。今年6月の世界大会で団体戦で優勝し、信頼関係も深まった。「次の夢はボッチャブームがきて、東京大会を迎えること。このメンバーで残りの色を取りにいく」と広瀬は新たな夢を語った。

最終更新:9月14日(水)11時6分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]