ここから本文です

映画「スノーデン」のNYプレミア、O・ストーン監督ら登場

ロイター 9月14日(水)16時18分配信

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米ニューヨーク・マンハッタンで13日、米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者による当局の盗聴活動の暴露を題材にした映画「Snowden(原題)」のプレミアが開催された。

会場には、同作でメガホンを取ったアカデミー賞受賞監督のオリバー・ストーン氏のほか、スノーデン役のジョセフ・ゴードン・レビット、ザカリー・クイントなどキャスト陣も登場した。

最終更新:9月14日(水)16時18分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。