ここから本文です

USB Type-C端子からHDMI出力する「HDMI Alt Mode」。対応機器は'17年登場

Impress Watch 9月14日(水)14時15分配信

 HDMI Licensingは14日、USB Type-C端子から、HDMIの映像/音声出力を可能とする「HDMI Alternate Mode(Alt Mode:オルトモード)」の説明会を開催。Alt Mode対応のUSB Type-C搭載機器から、USB Type-C端子のHDMIケーブルを用いて、HDMI搭載ディスプレイにダイレクトに信号出力可能になる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 スマートフォンやタブレット、PCなどのUSB Type-C端子を備えたデバイスでの採用を目標に規格化し、HDMI 1.4b相当の機能を実現。USB Type-C端子から、4K/30pまでの信号出力や、オーディオリターンチャンネル(ARC)、3D、HDMI Ethernet Channnel(HEC)、CECなどのHDMI信号が伝送可能となる。ディスプレイ側は特別な対応は必要無い。

 HDMI Licensing LLCのロブ・トバイアス社長は、HDMI搭載ディスプレイは16年時点で約2億4,000万台普及し、さらなる拡大を見せていること、また、モバイル機器を中心にUSB Type-Cコネクタの普及がはじまっており、IHSの試算によれば2019年には20億台まで増えるとの予測を紹介。Type-Cコネクタ対応により、スマートフォンやタブレット、PCなどと、テレビなどの接続性、利便性向上が図れるため、Alt Modeの規格化を行なったとする。

 Alt Modeの規格化にあわせて、USB Type-CコネクタとHDMIコネクタによる新たなケーブル(USB Type-C to HDMI cable)も規格化。対応機器同士を同ケーブルで接続することで、アダプタやドングルなしに、PCやスマートフォンのUSB Type-CからHDMI出力可能になる。なお、このケーブルの正式名称は「HDMIケーブル」(ロブ・トバイアス氏)とのことで、パッケージ等にHDMIケーブル(Type-C)などの記載をして判別可能にする見込み。

 Alt Modeの利用には、出力機器側のUSB Type-Cコネクタ(制御LSI)側のHDMI Alt Mode対応と、Type-C to HDMIケーブルが必要。このケーブルはHDMI信号をそのまま出力するが、USB Type-Cの認証に用いるため、USB Power Delivery(PD)関連の小さなチップを内蔵する。

 搭載製品は'17年1月の「CES 2017」でデモが行なわれ、その際に発売時期なども紹介される見込みで、2017年内の製品化が想定されている。

 なお、Alt ModeはUSB Type-C端子でHDMI信号を出力するための規格のため、HDMI信号とUSBのデータ信号の同時出力には対応しない。また、Alt Modeは、HDMI 1.4b相当のため、HDMI 2.0における4K/60p信号やHDR信号には対応せず、現時点ではHDMI 2.0対応の予定はないとしている。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:9月14日(水)14時15分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]