ここから本文です

被告の男、地裁から逃走=20分後逮捕「拘置所が苦痛」―兵庫県警

時事通信 9月14日(水)12時14分配信

 14日午前10時ごろ、兵庫県姫路市の神戸地裁姫路支部で、「被告人の男が逃げた」と110番があった。

 県警が付近を捜索し、同10時20分ごろ、単純逃走の容疑で無職清水佑記容疑者(32)=姫路市北条=を逮捕した。容疑を認め、「拘置所の生活が苦痛だった」と話しているという。

 県警姫路署などによると、清水容疑者は窃盗事件の被告で、同日は公判があった。同容疑者は付き添っていた刑務官2人の隙を見て、法廷から逃走。そのまま同地裁姫路支部の敷地外に出たという。手錠などはしていなかった。県警は、同支部から南西に約400メートルの路上で身柄を確保した。 

最終更新:9月14日(水)13時8分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。