ここから本文です

能年改めのん 声優デビューに美保純が「向いてないかも…」

デイリースポーツ 9月14日(水)17時46分配信

 能年玲奈から改名した女優・のん(23)の改名後初仕事が声優だったことについて、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で共演した女優・美保純が「声優に向いてないかも」と心配した。

 その理由は「普段、しゃべった時の感じが…、パフパフパフってしゃべるから」と説明。声優デビューについては「もうちょっと年とってからでもよかったかな?」と感想を話した。

 改名については「芸名変えてから、本当の能年ちゃんがスパッて出てくると思います。もっと爆発して、新しい能年ちゃんが。すごい楽しみです。私も期待している」と“新生・能年”に期待した。

 番組では、「あまちゃん」のプロデューサーに聞いた話、として「『あまちゃん』(のオーディション)に受かった時、そのまま廊下をバーーッって走り去って行った」というエピソードを披露していた。

 のんは9日、都内でアニメ映画「この世界の片隅に」(11月12日公開)の完成披露試写会に登場し、7月に改名発表後、初めてイベントに参加した。

 のんは6月30日に所属事務所のレプロエンタテインメントと契約を終えたタイミングで改名を発表。一方、レプロは複数の契約違反があるとして法的措置を検討している。

最終更新:9月14日(水)18時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。