ここから本文です

全体の状況見ながらデフレ脱却への努力を期待=金融政策で官房長官

ロイター 9月14日(水)16時58分配信

[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日午後の会見で、日銀の金融政策について、デフレからの脱却を確実なものにするため、全体の状況を見ながら努力することを期待すると述べた。

菅官房長官は日銀が来週の金融政策決定会合で、2%の物価安定目標をできるだけ早期に実現するために何が必要かとの観点から、総括的な検証を行うことになっているとしたうえで「(金融政策の)具体的手法は日銀に委ねるべきだ」と語った。

マイナス金利が金融機関の収益に悪影響をもたらしている点に関しては「デフレからの脱却は金融機関にとっても長期的な収益にプラスになると説明されている」と指摘。「日銀はマイナス金利について説明している。(マイナス金利に)一定の成果があるのも事実だ」との認識を示した。

(石田仁志)

最終更新:9月14日(水)16時58分

ロイター