ここから本文です

バナナ食べてシャバーニを応援 売り上げ一部、飼育代に

朝日新聞デジタル 9月14日(水)15時28分配信

 東山動植物園(名古屋市千種区)の「イケメンゴリラ」、シャバーニをあしらったバナナが14日、発売される。売り上げの一部が、シャバーニの飼育代として園に寄付される。

 伊藤忠商事子会社のドールが手がける「シャバーニバナナ」。南米エクアドル産バナナの包装に、人気者のりりしいイラストを添えた。希望小売価格は約700グラム入りで、税込み298円。

 ドールはまず愛知と三重のスーパーなどに納める。納入先を段階的に増やし、岐阜にも卸す方針。「子どもたちにバナナを食べてもらうきっかけになれば」とドール広報は話す。

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)16時32分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。