ここから本文です

<立てこもり>ベランダから突入、住人の男逮捕 神奈川県警

毎日新聞 9月14日(水)19時17分配信

 14日午後2時55分ごろ、横浜市南区永田みなみ台、「UR都市機構南永田団地2-5号棟」(9階建て)で、横浜地裁の執行官から「強制執行に来たら、居住者が包丁を持って立てこもった」と110番があった。神奈川県警の捜査員が駆けつけ、3階自室に立てこもった住人の男を説得したが応じなかったため、約3時間後にベランダから突入し、男を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。けが人はいなかった。

 県警によると、家賃滞納による立ち退きの強制執行のため部屋を訪れた執行官数人が隣の空き室からベランダに回り、ガラスを割って中に入ろうとしたところ、男が包丁を突き付け「来るな、入ると爆発するぞ」などと叫んで立てこもったという。男は1人暮らしとみられる。

 現場は京浜急行・弘明寺駅から北西に約1キロの団地の一角。団地の住民が避難するなど、周辺は一時騒然となった。【国本愛、木下翔太郎】

最終更新:9月14日(水)22時27分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。