ここから本文です

「シビル・ウォー」キャップ大好き吉田沙保里「ライバル多いけど私が勝ち取る!」

映画ナタリー 9月14日(水)18時15分配信

本日9月14日、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のMovieNEX発売記念イベントが開催され、リオ五輪女子レスリング53kg級の銀メダリスト・吉田沙保里と女子円盤投げ・ハンマー投げの日本記録保持者である室伏由佳が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

マーベルコミックをもとにした本作は、アイアンマンとキャプテン・アメリカ、それぞれを支持するアベンジャーズメンバーの対立を描くアクションエンタテインメント。

関連グッズを集めた部屋をイメージした会場に、部屋着風の衣装で登場した吉田と室伏。「普段こういう格好をすることがないのでうれしいです! 爪もマーベル仕様なんですが、試合のあとしかこういうことができないので」と言いながら、吉田はマーベルデザインのネイルをアピールする。

マーベル映画を勉強中だという吉田は、本作の感想を「笑いあり涙あり、いろんな要素の詰まった作品でした」と語る。室伏は「男と男の戦いはアスリートの目線で見ちゃう」「信念を曲げずにライバルと戦うけど、どこかでお互いを認めてる。最後のほうを思い出すと感激して泣きそう!」と話した。

「キャプテン・アメリカとアイアンマン、どちらが好きか?」という質問に、吉田は「キャプテン・アメリカです。リーダーシップを取る男性は最高ですね! 私、レスリングではグイグイ行きますけど、恋愛では引っ張ってもらいたいタイプ。しかも一途な人がいいですし」と答える。セットに置いてあるキャプテン・アメリカの等身大フィギュアを見つけると、腕を組んで「似合う?」と笑顔を見せた。

一方の室伏はアイアンマン派とのこと。アイアンマンの等身大フィギュアを触りながら「臀部の筋肉がすごい発達してる! ハムストリングスがすごい!」とアスリートならではのコメントをしていると、吉田がアイアンマンの手を握っていることに気付き「手をつなぐのやめなさい!(笑)」とツッコミを入れた。

公式サイトで実施中の“あなたはどっち?”キャンペーンによる一般投票の途中経過では、支持率45%のアイアンマンに対してキャプテン・アメリカが55%とリード。大喜びの吉田だったが、室伏から「でも、女性のライバルが多いってことだよ」と言われると、「ライバル多いけど、私が勝ち取る!」と力強く宣言した。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のMovieNEXは9月16日に発売。

(c)2016 MARVEL

最終更新:9月14日(水)18時15分

映画ナタリー