ここから本文です

五輪4連覇・伊調選手に国民栄誉賞

産経新聞 9月14日(水)7時55分配信

 政府は13日の閣議で、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨(いちょう・かおり)選手(32)に国民栄誉賞を授与することを決めた。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は同日の記者会見で、授与の理由について「人一倍の努力と厳しい修練の積み重ねにより、最後まで勝利を諦めずに金メダルを獲得し、オリンピック競技大会史上初の女子個人種目4連覇という世界的な偉業を成し遂げた。多くの国民に深い感動と勇気、社会に明るい希望を与えた」と説明した。

 伊調選手は青森県出身で、世界選手権でも計10回優勝している。レスリング選手としては、平成24年の吉田沙保里選手に次いで2人目。

 国民栄誉賞は昭和52年に制定され、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者」が対象。これまでに22個人1団体に授与されている。

最終更新:9月14日(水)7時55分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]