ここから本文です

国学院大が白星発進!2年生・松野がリーグ戦V弾デビュー

デイリースポーツ 9/14(水) 18:24配信

 「東都大学野球 国学院大3-1専大」(14日・神宮球場)

 国学院大が今季初戦を逆転勝ちで飾った。

 1点を追う六回2死二塁から、6番・諸見里匠内野手(3年・沖縄尚学)の右前適時打で同点とし、続く7番。松野悠大内野手(2年・武相)が右越えに勝ち越し2ランを放った。

 今春まで捕手を務めていたが、打力を買われて一塁手に転向。180センチ、91キロの左のスラッガーにとっては、この日がリーグ戦初出場だった。「とにかく初めてなので、怖いものなしでいこうと思った」という思い切りのいいスイングで、高校通算40本塁打の打棒をいきなり発揮。「うれしかったですね」と、笑顔がはじけた。

 新戦力の台頭で快勝発進。鳥山泰孝監督も「松野らしい1本がでたかな。振る力を持っている。いい仕事をしてくれた」と、賛辞を送った。

最終更新:9/14(水) 18:45

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。