ここから本文です

ドイツの今年上半期の破産企業数は5%減、過去最低を更新

ロイター 9月14日(水)18時59分配信

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツ連邦統計局は14日、今年上半期のドイツ企業の破産申請件数は前年同期比5%減の約1万1000件だったと発表した。過去最低を記録した昨年からさらに減少した。ただ、破産申請企業内に大企業数社が含まれるため、負債総額はほぼ倍増の165億ユーロ(約185億ドル)となる見通し。

個人の自己破産数も減少し、約3%減の3万9228件だった。

ドイツの経済成長率は第1・四半期は0.7%、第2・四半期は0.4%。強い個人消費と国の歳出増加がけん引した。

主要経済研究所は、今年の経済成長率を過去5年で最高の1.9%とみている。

最終更新:9月14日(水)18時59分

ロイター