ここから本文です

アニメ「文スト」マーク・T役は吉野裕行、京まふでのコラボ内容も明らかに

コミックナタリー 9/14(水) 19:30配信

朝霧カフカ・春河35原作によるテレビアニメ「文豪ストレイドッグス」の第2クールが10月5日からTOKYO MX、WOWOWほかにて放送開始する。その新キャラクターであるマーク・Tの設定画が公開され、吉野裕行が声を担当することが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

また9月17、18日に行われる「京都国際マンガ・アニメフェア 2016」、通称京まふと「文豪ストレイドッグス」のコラボ内容が明らかに。日本画や和傘などの伝統工芸とコラボしたアイテムを展示するほか、オリジナルグッズを発売する。詳細はアニメ公式サイトで確認を。さらに9月17日に刊行される「文豪ストレイドッグス 公式ガイドブック 開花録」の内容も一部解禁された。

「文豪ストレイドッグス」はヤングエース(KADOKAWA)にて連載されている、実在する文豪をモチーフとした探偵たちが活躍する異能力バトルアクション。アニメは4月から6月にかけて計12話が放送され、10月5日からはその続きとなる第13話以降の放送がスタートする。

(c)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会

最終更新:9/14(水) 19:30

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]