ここから本文です

IoTシューズで挑戦する迷路アトラクションがよみうりランドに、au未来研究所とコラボ

Impress Watch 9月14日(水)16時31分配信

 KDDIとよみうりランドは、センサーを搭載したキッズシューズ「FUMM」(フーム)で楽しめる迷路アトラクション「FUMM ADVENTURE」を、東京都稲城市の遊園地「よみうりランド」内にオープンする。期間は10月8日~12月4日。参加料金は500円(税込、入園料別)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「FUMM」は、KDDIが「au未来研究所」の取り組みにおいて、開発されたキッズシューズのコンセプトモデル。スマートフォンに連携するセンサーを搭載し、シューズを履いた子どもがいる地面の色や、「歩く」「ジャンプ」といった子どもの動きを認識できる。

 「FUMM ADVENTURE」は、「FUMM」を履いた子どもと保護者が一緒に楽しむ迷路アトラクション。過去や未来にタイムトラベルしながら冒険していくうちにティラノサウルスやロボットなどと出会い、ミッションに挑戦する。ミッションは子どもが足踏みやジャンプ、かけっこなどで身体を動かしてクリアする。スマートフォンには子どもの動きに応じて音や映像が表示されるなど、子どもがと親が一緒に楽しめるようになっている。

 靴のサイズが16~20センチまでの子どもが遊べるアトラクションで、保護者や中学生以上の付き添いが必要。

ケータイ Watch,石井 徹

最終更新:9月14日(水)16時31分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]