ここから本文です

佐々木希 ピアノ三重奏「本当にヤバかった」

デイリースポーツ 9/14(水) 19:47配信

 女優・比嘉愛未(30)が14日、都内で行われた主演映画「カノン」(10月1日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつし、劇中で姉役のミムラ(32)、妹役の佐々木希(28)と披露したピアノの三重奏を「吹き替えなしで頑張りました」と明かした。

 同シーンは19年前に3姉妹の前から姿を消した母(鈴木保奈美)が認知症となり、幸福だった頃の親子の思い出の曲「パッヘルベルのカノン」を三重奏するもの。比嘉は「クランクインの1カ月から始めて毎日ピアノに向かいました。頑張りが報われました」と感慨深げ。

 ミムラは「ピアノ経験があったのは私だけでしたが、目隠ししてひけるところまで練習しました」と明かした。佐々木は「楽勝と思っていたんですが…本当にヤバかったです」とギリギリセーフを打ち明けた。

最終更新:9/14(水) 20:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]