ここから本文です

北海道・釧路でサクラ咲く 台風で花芽が季節を勘違い?

朝日新聞デジタル 9月14日(水)18時41分配信

 北海道釧路市で季節外れのサクラが咲き始め、市民を驚かせている。

 高台にある釧路市立博物館前では、エゾヤマザクラが細い枝に白桃色の小さな花をいっぱい咲かせていた。実が赤く色づいたナナカマドのそばで花を咲かせるチシマザクラもある。

【写真】塩害で枯れたとみられるサクラの葉と、その横で咲く花=14日、北海道釧路市の市立釧路図書館前

 サクラの開花は海に近い地域が多く、8~9月に相次いで上陸・接近した台風が原因とみられている。釧路地方気象台によると、サクラは強風で葉が飛ばされたり、塩分を含んだ潮風で葉が枯れ落ちたりすると、花芽が春と勘違いして目覚めることがあるという。

 市立博物館の学芸員は「冬を越すはずの花芽が咲いてしまったので、来春の花見は少し寂しいかも」と話していた。(奈良山雅俊)

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)18時41分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。