ここから本文です

桐生、今季は不完全燃焼「積み上げたこと、足りない」

朝日新聞デジタル 9月14日(水)19時1分配信

(13日、陸上の国地域別対抗戦)

 フランス・マルセイユで13日にあった陸上の国地域別対抗戦「デカネーション」の男子100メートルで、桐生祥秀(東洋大)は10秒35の2位に終わり、日本人初の9秒台は持ち越しになった。桐生にとっては今年の最終戦。「個人で五輪のメダルを狙っているので全然満足のいくシーズンではなかった」と振り返った。

 今年一番の大舞台だったリオデジャネイロ五輪。400メートルリレーでは銀メダルを獲得したものの、100メートルでは予選落ち。「個人としては結果は全く出なかった。4年間積み上げてきたことがまだちょっと足りないという部分もあった」と感じた。リオ五輪後に序盤よりも中盤に重点を置く走り方への模索を始め、「半分すら完成していない」とはいうものの、「だんだんつかめてきた」と感触は悪くないという。

 今年一年は走り込みに重点を置いてきたが、冬からの練習では、ウェートトレーニングにも力を入れるつもりだ。「今は冬にいろいろなトレーニングをするのが楽しみ。でも9月は丸々休みます」。試合続きの日々が終わり、少し表情が緩んだ。(マルセイユ=河野正樹)

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)23時33分

朝日新聞デジタル