ここから本文です

広島・薮田、好投でCS第4の先発に名乗り 6回1失点

デイリースポーツ 9/14(水) 20:28配信

 「阪神-広島」(14日、甲子園球場)

 広島の薮田和樹投手(24)が、先発で6回4安打1失点と好投。2点のリードを守って降板した。1カ月後に待つCSファイナルでの先発に向けて、2年目右腕が猛アピールに成功した。

 粘りの投球だった。初回、3四球と制球が定まらず、ゴメスの三ゴロの間にで1点を失った。二回には振り逃げで先頭梅野の出塁を許したが、1死二塁から後続を断ってピンチを脱出。五回も1死三塁を招いたが、高山を直球で空振り三振に。続く福留もシュートで空振り三振に切って、最少失点で切り抜けた。

 今季3度目の先発で3戦連続の好投。強気の投球で阪神打線を封じた。CSファイナルに向けてジョンソン、野村、黒田に次ぐ、4人目以降の先発は流動的。福井、岡田らとのサバイバルレースが続くだけに、価値ある107球となった。

最終更新:9/14(水) 21:28

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]